福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

☆新たに6地区の伝統的民家群保存活用推進地区を指定しました☆

平成26年2月10日、伝統的民家群保存活用推進地区を新たに6地区指定しました。
これで伝統的民家群保存活用推進地区は18地区になりました。

今回指定されたのは、以下の6地区です。

・小浜市遠敷(おにゅう)地区
 遠敷は、「御食国」として栄えた若狭小浜の中心地であり、近世には、旧丹後街道沿いの宿町として発展した歴史深い土地柄である。町並みの中には江戸時代の町屋も現存し、伝統的な形式を伝えている。 
e0233343_1344414.jpg


・大野市下舌(しもした)地区
 白壁が美しい伝統的民家や土蔵が残り、大野市内では珍しい周囲を防風林に囲まれた集落景観が広がる地区。
e0233343_13464066.jpg


・大野市阿難祖(あどそ)地区
 「阿難祖」の地名の由来は、集落の南側山地の洞窟が起こりとされている。山伏が洞窟に住み修行していたので、人々はこの層を穴層と呼んでいた。後に、この洞窟から阿難尊者の画が発見され、いつしか穴層が阿難祖に転じたとされている。田圃と山林に囲まれた農村集落景観が広がる地区。
e0233343_1340589.jpg


・鯖江市河和田町中道沿道地区
 河和田町中道沿道地区に残る民家は、農家型が中心であるが、町屋型民家も残っている。整備された石畳の通りと伝統的民家が街並みを形成している地区。
e0233343_1348334.jpg


・高浜町和田地区
 和田地区には快水浴場百選に選ばれた海水浴場があり、青葉の秀峰を眺める景勝地として、観光客で賑わっている。海辺の集落には色漆喰が使われた伝統的民家が細い路地沿いに建ち並び、独特の集落景観を残している地区。
e0233343_11265762.jpg


・高浜町馬居寺(まごじ)・車持(くらもち)地区
 馬居寺の由来は、『本尊馬頭観音菩薩の居られる寺』からきている。また、車持の由来は、大昔、今の車持から京に出て、御所車の製作に従事した人が、官から「車持」という名をもらったのが起こりとされている。谷沿いに伝統的民家と土蔵が数多く残り、県内有数の古刹馬居寺と奥深い山々を背景にした農村風景が残っている地区
e0233343_1401633.jpg

なお、地区の詳細はこちらをご覧ください。

各地区の代表者に、知事から指定書と地区名の入った表札が交付されました。

今回指定された地区の代表者の方々です。
e0233343_11501080.jpg


<知事との懇談の様子>
e0233343_11561540.jpg

e0233343_11565636.jpg
e0233343_11572325.jpg

e0233343_11575883.jpg

e0233343_11582974.jpg

みなさんと共に、美しい福井の集落景観を守っていきたいと思います。
[PR]
by furusatoshinko | 2014-02-13 12:07 | 伝民推進地区での活動