福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「みほとけの里 若狭の秘仏」ただいま特別公開中です!

 古刹と仏像の宝庫・若狭で、いよいよ9月15日から、秋の文化財特別公開「みほとけの里 若狭の秘仏」がはじまりました。管理人もさっそく拝観してきましたのでレポートしますね。

 9月15日から17日の3連休中は、33年ぶりの本開帳を迎えた為星寺のほか小浜市内寺院や県立若狭歴史民俗資料館に、県内外から多くの皆さんがおみえになりました。

 e0233343_1245022.jpg
 為星寺では、多くの参拝者に見守られる中、静かに姿を現した千手観音立像に皆さん熱心に手を合わせておられました。また、参道や境内では地元の方々が参拝者を笑顔でもてなしてくださいました。 33年ぶりの法要は17日までで終了しましたが、9月30日(日)、10月6日(土)、10月7日(日)の秘仏めぐりバスツアーで特別に公開されますので、この機会をお見逃しなく。(お問合せ:ミフクツーリスト 0770-53-0329)


 飯盛寺では、奥深い山の中、茅葺の大きな本堂が出迎えてくれます。幽玄な雰囲気の中で御本尊の薬師如来坐像と脇侍の千手観音立像を、心静かに拝観することができます。

 正法寺では、理知的な表情の如意輪観音半跏像が拝観できます。住職さんが年齢を感じさせない語り口で、観音像が海中から拾い上げられたという平安時代の縁起物語をお話ししてくださいます。

e0233343_12592131.jpg 竜前区薬師堂は、国道27号線から県道35号線を神宮寺方面に向かって1キロほど進むと、右手に青銅製の梵鐘がありますので右に入ってください。集落奥に見えてくる小さな庵が蓮華寺、その北側に薬師堂があり、地元の保存会の方が笑顔で出迎えてくれます。(右の写真は蓮華寺外観)
 かつては若狭彦神社の本地仏でしたが、神仏分離の際に竜前に移され、以来、地区の方々に大切に守られてきた薬師如来立像を拝観できます。

(飯盛寺 本堂)
e0233343_1361313.jpg

(正法寺 銅造 如意輪観音半跏像)
e0233343_1371918.jpg

(竜前区薬師堂 銅造 薬師如来立像)
e0233343_137288.jpg


 飯盛寺、正法寺、竜前区薬師堂は、10月14日までの毎土・日・祝日に公開されていますので、どうぞお立ち寄りください。(寺院の法要行事等の都合により、拝観できない場合もありますのでご了承ください。)

 県立若狭歴史民俗資料館でも、木造十一面観音菩薩立像(小浜市 長福寺)と木造聖観音立像(美浜町 青蓮寺)を毎日公開中です。(9月21日と10月22日は休館日。)

 そのほかにも、通常は公開されていない仏像等が特別公開されている、「みほとけの里 若狭の秘仏」は10月下旬までの原則土・日・祝日(一部を除く。)に実施中です。公開箇所と各箇所の公開日程は、県文化振興課ホームページでご確認ください。秋の若狭路、心安らぐ仏さまにぜひ会いに来てください。
[PR]
by furusatoshinko | 2012-09-19 13:19 | 福井ふるさと百景