福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:景観づくり活動( 20 )

 福井県では、ふるさとの美しい景観を地域の力で守り育てていく仕組みづくりを推進するため、平成23年度から「福井ふるさと百景活動団体」を認定し、団体が行う景観の保全・活用に向けた活動を支援しています。
 今年度から、百景選定地での活動団体だけでなく、景観づくりに関連する専門的な知識・技術をもって指導、助言を行い、福井県全域で活動を行っている団体も認定することとなりました。

 今回、新たに以下の6団体を「福井ふるさと百景活動団体」に認定しました!
 これで、認定団体は37団体となります。

①「松岡上吉野地区」 (区長 吉田峰雄氏)
②「清明まちづくり委員会」 (委員長 金井隆幸氏)
③「みそみ地域づくり協議会」 (会長 長江和男氏)
④「世久見地区」 (区長 浜頭哲之氏)
⑤「ふくいヘリテージ協議会」 (代表世話人 奥居稠朗氏)
⑥「福井県山岳連盟」 (会長 牧野治生氏)

平成28年3月24日、新たに認定した団体に対し、知事から認定書の交付がありました。
e0233343_11373698.jpg
e0233343_11381393.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2016-04-28 11:38 | 景観づくり活動
 福井県では、ふるさとの美しい景観を地域の力で守り育てていく仕組みづくりを推進するため、平成23年度から「福井ふるさと百景活動団体」を認定し、団体が行う景観の保全・活用に向けた活動を支援しています。

 今回、新たに以下の10団体を「福井ふるさと百景活動団体」に認定しました!
 これで、認定団体は31団体となります。

①「小原ECOプロジェクト」 (代表 國吉一實氏)
②「ラピュタの会」 (会長 川端嘉明氏)
③「荒島愛山会」 (会長 高松誠氏)
④「ふくい笏谷石の会」 (会長 横山輝氏)
⑤「東郷ふるさとおこし協議会」 (会長 平本秀信氏)
⑥「上岬地区をよくする会」 (会長 桝谷桝一氏)
⑦「神山地区自治振興会」 (会長 川上春男氏)
⑧「敦賀市疋田地区」 (会長 長谷川進氏)
⑨「早瀬景観保全活動協議会 (会長 北村晋氏)
⑩「竹竹クラブ」 (会長 永野千太郎氏)

平成27年2月12日、新たに認定した団体に対し、知事から認定書の交付がありました。
e0233343_18184838.jpg

e0233343_1819289.jpg


今後、認定した団体に対して、景観づくりの活動経費を補助していきます(1団体あたり20万円までで、最大2ヵ年)。

団体の詳しい活動内容や、これまでに認定した団体についてはコチラのHPをご覧ください。
http://info.pref.fukui.lg.jp/hyakkei/050_activity/activity.html
[PR]
by furusatoshinko | 2015-02-13 18:28 | 景観づくり活動
 福井県では、ふるさとの美しい眺望を確保するため、「福井ふるさと百景」選定地など、特に景観に配慮が必要な場所において、必要性がなくなった道路標識を撤去するといった景観改善に取り組んでいます。

 今年度の景観改善個所を一部ご紹介します。

 国道305号の福井市南菅生町です。
 国道305号は、越前海岸の特徴的な奇岩・奇勝の景観が続く観光道路です。越前海岸の造形美、鉾島(ほこじま)の眺めを阻害している道路案内標識を撤去している事例です。
e0233343_18173262.jpg

 同じく、国道305号の福井市長橋町。
 案内標識を撤去し、亀島(がめじま)を望む景観を改善した事例です。
e0233343_18175622.jpg

 こちらは、坂井市坂井町の東長田。
 福井を代表する米どころ、坂井平野を縦断する道路の案内標識を撤去しました。電柱電線は残りますが、ふるさと福井の原風景ともいえる広大な田園景観を保全する取組みのひとつです。
e0233343_1818316.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2014-03-12 18:25 | 景観づくり活動
 福井県では、ふるさとの美しい景観を地域の力で守り育てていく仕組みづくりを推進するため、平成23年度から「福井ふるさと百景活動団体」を認定し、団体が行う景観の保全・活用に向けた活動を支援しています。

 今回、新たに以下の8団体を「福井ふるさと百景活動団体」に認定しました!
 これで、認定団体は21団体となります。

①「平家平を愛する会」(会長 嶋田康博氏)
②「越前おおの・九頭竜花桃回廊実行委員会」(会長 古川清澄氏)
③「北府駅を愛する会」(会長 奥田忠嗣氏)
④「味真野観光協会」(会長 三田村勝美氏)
⑤「永平寺門前観光協会」(会長 山口悦男氏)
⑥「高浜まちづくりネットワーク」(代表 横田行雄氏)
⑦「NPO青の里地球まるごと会議」(代表 秋岡武治氏)
⑧「名田庄星のフィエスタ実行委員会」(代表 岩崎寛氏)

平成26年2月10日、新たに認定した団体に対し、知事から認定書の交付がありました。

e0233343_13313553.jpg
e0233343_13312492.jpg


今後、認定した団体に対して、景観づくりの活動経費を補助していきます(1団体あたり20万円までで、最大2ヵ年)。

団体の詳しい活動内容や、これまでに認定した団体についてはコチラのHPをご覧ください。
http://info.pref.fukui.lg.jp/hyakkei/050_activity/activity.html
[PR]
by furusatoshinko | 2014-02-12 13:34 | 景観づくり活動
優れた景観に貢献している屋外広告物を表彰する、県の「ふるさと福井景観広告賞」。
本年度で4回目となる広告賞の受賞作品が発表されました!

建物や周辺景観との調和に優れた屋外広告物を表彰する、従来の「優良デザイン」部門に加え、今年からは新たに、景観に配慮して屋外広告物を改善した取り組みを表彰する、「景観改善部門」が創設されました。

受賞した作品の一部をご紹介します。
「優良デザイン部門」:浅野耕月堂
あわら市のあわら温泉街にある和菓子店。和を基調としながらも新しさがある広告物は店舗と調和し、奥ゆかしさと落ち着きを醸しだしています。
 
e0233343_1455441.jpg


「景観改善部門」:坂川建設㈱
福井市の養浩館庭園南側にある建設会社。養浩館庭園からの眺望を損なわないように屋上の看板を撤去し、街並みにあったものに改善した自主的な活動が高く評価されました。
e0233343_1451441.jpg


その他の受賞作品など、くわしくはコチラのホームページをご覧ください。(福井県都市計画課HP)
[PR]
by furusatoshinko | 2013-12-05 14:23 | 景観づくり活動
 福井県では、「福井ふるさと百景」の選定地において、景観の保全・活用に積極的に取り組む団体を「福井ふるさと百景活動団体」として認定し、団体が行う景観づくり活動を支援しています。

 認定した団体の一つ、小浜市の「たがらす我袖倶楽部」では、田烏(たがらす)の美しい棚田を次世代に大切に伝えていくため、「たがらすフォトコンテスト」で広く写真を募集しています。

 応募締切は9月20日まで。みなさん、どしどし応募してくださいね。

e0233343_19594326.jpg

e0233343_2004940.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-08-29 20:01 | 景観づくり活動
 福井県では、「福井ふるさと百景」の選定地において、景観の保全・活用に積極的に取り組む団体を「福井ふるさと百景活動団体」として認定し、団体が行う景観づくり活動を支援しています。

 認定した団体の一つ、小浜市の「たがらす我袖倶楽部」によって、田烏(たがらす)の美しい棚田を彩るキャンドルイベントが開催されます。

場所 小浜市田烏10号
期日 平成25年5月18日(土)
時間 19:00~20:30

 田烏地区は、小浜市街地から北東に約20km離れた若狭湾の入り江に面したのどかな漁村集落です。急峻な山々、急傾斜地に開かれた棚田、沿岸の集落、漁港といった景観要素がバランスよく調和し、「ふるさとの原風景」を形成しています。
 特に晴れた日には、絶景の日本海の中に、百人一首にも登場する「沖の石」と呼ばれる岩礁を眺めることができます。

 「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」
(私の袖は、潮が引いても見えることのない、沖の石のよう。人は知らないが、いつも涙に濡れて乾く暇もないのだ。)

 歌人 二条院讃岐(にじょういんのさぬき)は、遠敷郡宮川村(現小浜市宮川区)が父・源頼政の所領であったことから、田烏からこの沖の石を望み、悲恋をこの歌に託したといわれています。
 
 キャンドルイベントは、この「沖の石」を眺める棚田に、2000個の灯りがともります。幻想的な雰囲気に包まれた田烏に出かけてみませんか?

e0233343_14284427.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-05-09 14:31 | 景観づくり活動
 福井県では、ふるさとの美しい景観を地域の力で守り育てていく仕組みづくりを推進するため、平成23年度から「福井ふるさと百景活動団体」を認定し、団体が行う景観の保全・活用に向けた活動を支援しています。

 今回、新たに以下の3団体を認定しました!
 これで、認定団体は13団体となります。

e0233343_18234641.jpg
「宝永まちづくり委員会」
 養浩館庭園周辺の歴史的・文化的な雰囲気が感じられる地域。低層の住宅が建ち並ぶ、用水などの水辺空間や緑地等も整備された良好な町並みを形成しています。毎年3月中旬に庭園ライトアップを主催しています。




e0233343_1825063.jpg
「三国サンセットビーチ振興会」
 三国サンセットビーチは「日本の夕日百選」に選ばれており、明治初期に造られた「エッセル堤」などの歴史的施設などもある日本海の景勝地。ビーチの清掃やエコキャンドルナイトなどを開催しています。




e0233343_18251574.jpg
「越知山泰澄塾」
 越知山は泰澄大師が開山した越前五山のひとつで、山頂からは遠く白山連峰まで眺望できる風光明媚な名所。ウォーキングイベント開催や登山道整備などの活動を実施しています。





新たに認定した団体に対し、知事から認定書の交付がありました。
平成25年3月26日に行われた認定式の様子です。
e0233343_1827081.jpg

e0233343_18284340.jpg


今後、認定した団体に対して、景観づくりの活動経費を補助していきます(1団体あたり20万円までで、最大2ヵ年)。

団体の詳しい活動内容や、これまでに認定した団体についてはコチラのHPをご覧ください。
http://info.pref.fukui.lg.jp/hyakkei/050_activity/activity.html
[PR]
by furusatoshinko | 2013-03-26 18:32 | 景観づくり活動
 福井県では、「福井ふるさと百景」の選定地において、景観の保全・活用に積極的に取り組む団体を「福井ふるさと百景活動団体」として認定し、団体が行う景観づくり活動を支援しています。

 昨年、認定した団体の一つ、「朝倉氏遺跡保存協会」では、今年度から「あさくら景観づくりサポーターズ」を組織し、活動を通じて遺跡内に自生する花々の魅力を発信していく取り組みを開始しました!

 2月9日に、「あさくら景観づくりサポーターズ」の初会合が福井市城戸ノ内町で開かれ、会員や住民ら45人が参加しました。会合では、今後、遺跡内の草花の調査や、マップの作成などを進めることとなりました。

e0233343_120173.jpg


e0233343_1201523.jpg


 この「あさくら景観づくりサポーター」は、随時会員を募集しています。
 詳しくはコチラ
 http://www3.fctv.ne.jp/~asakura/30event/index.html
 一緒に美しく魅力ある遺跡の景観づくりに参加してみませんか?
[PR]
by furusatoshinko | 2013-02-14 12:01 | 景観づくり活動
 「福井ふるさと百景活動団体」である朝倉氏遺跡保存協会がPR素材集作成のため「発見しよう!THE PREMIUM『一乗谷』」と銘打って一乗谷朝倉氏遺跡の冬の写真やイラストを募集しています。

・募集テーマ 「冬の一乗谷朝倉氏遺跡」

・募集する作品
  一乗谷朝倉氏遺跡(福井県福井市城戸ノ内町を中心とする特別史跡内および朝倉氏ゆかりの地(今回は福井県大野市、勝山市内)で、撮影・作成した美しい風景写真や・スケッチ、戦国大名朝倉氏や姫君などのイラスト画

・募集期日  平成25年2月28日(木)まで

 また、作品募集に合わせて、県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館において、冬の素材集制作座談会や写真講座などのミニ講座を開催します。
   
詳しくはコチラ
https://info.pref.fukui.lg.jp/premium/index.php


皆さんのとっておきの一枚を応募してみませんか?

e0233343_10505492.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-01-16 11:04 | 景観づくり活動