福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:福井ふるさと百景( 56 )

 福井県では、多様で豊かな自然や、歴史や伝統に培われた町並みなど、福井の魅力を集めた「福井ふるさと百景」を県内外に発信しふるさとに誇りと愛着を持っていただくとともに、県民共有の財産である景観を守り育てる取り組みを進めています。
 このたび、「福井ふるさと百景」の選定地のひとつ、小浜市神宮寺において、灯りに照らされた
美しい紅葉を眺めながら、幻想的な夜景の撮り方を学ぶ写真講座を開催します。

     ・ 開催日時  平成26年11月22日(土)午後4時~7時半ごろ
     ・ 集合場所  福井県若狭歴史博物館(小浜市遠敷2丁目104)
     ・ 講師     フォトグラファー 武藤 茂樹 氏
     ・ 参加料    500円
     ・ 参加条件  一眼レフデジタルカメラ、三脚をお持ちください。
     ・ 募集人数  20名(定員になり次第締切)
     ・ 申込み・問合せ先
               住所、氏名、連絡先電話番号を下記までご連絡ください。
               Eメール、FAX、電話で受け付けています。
               福井県文化振興課
               TEL : 0776-20-0572 FAX : 0776-20-0661
               Eメール : hyakkei@pref.fukui.lg.jp
     ・ その他  参加者が撮った写真は、「福井ふるさと百景」ホームページで掲載させて
             いただきます。
     ・ 関連イベント
             9月13日(土)~11月24日(月・祝)の間、小浜市を中心に
             「みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開」を実施します。
             合わせて期間中、下記のとおり、ライトアップも実施します。
             ・10月12日(日)~13日(月・祝)  高浜町中山寺
             ・10月25日(土)            小浜市明通寺
             ・11月22日(土)~23日(日)    小浜市明通寺・萬徳寺・神宮寺
e0233343_11314619.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2014-09-30 11:34 | 福井ふるさと百景
福井ふるさと百景カメラ女子ツアーを10月5日(日)に開催します!

 カメラ女子に人気の写真家 寺下ユンさんを講師に招き、景観写真を撮影するコツを学びながら、ふるさとの美しい景観や歴史などに親しむ写真講座を開催します!

 講座では、「福井ふるさと百景」の選定地の1つ、越前市越前和紙の里において、越前和紙の里通りやご家畜の町並みを散策しながら、撮影のポイントを学びます。

 一眼レフを初めて手にしたけれど、うまく使いこなせない、思い通りの写真が撮れない、といった悩みをお持ちの方には、絶好の機会です。ぜひご参加ください。

1 日時 平成26年10月5日(日)9:50~15:30頃

2 集合場所 越前和紙の里パピルス館前

3 募集人数 20名 (定員になり次第締切)

4 参加費 3500円 (受講料、昼食代など)
e0233343_17533268.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2014-09-12 18:01 | 福井ふるさと百景
より多くの人に、百景を実際に訪ね親しんでもらうため、NPO法人福井県ウォーキング協会と連携して、百景を巡るスタンプラリーを開始します!

協会が主催するウォーキングイベントでパスポートを配布します(登録料200円が必要です)。
百景の1箇所ごとに押印し、累計で36景になったら完歩証と粗品をプレゼントします。

ウォーキングイベントごとに参加費がかかりますので、詳細は、ウォーキング協会ホームページをご覧ください。
http://fukui-walking.sakura.ne.jp/

ウォーキングで、ふるさと福井の美しい風景に触れてみませんか?

e0233343_17415510.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-08-30 17:59 | 福井ふるさと百景
 「福井ふるさと百景」の選定地のひとつ、小浜市西組地区において、灯りに照らされた町並みをめぐりながら、幻想的な夜景の撮り方を学ぶ講座を開催します。ぜひ、ご参加ください。

1 日時 平成25年9月22日(日)午後5時~8時ごろ

2 集合場所 四季菜館 酔月 (小浜市飛鳥108番地)

3 募集人数 20名 (定員になり次第募集を締め切らせていただきます。)

4 参加費 500円 (飲み物代等)

5 講師 フォトグラファー 武藤茂樹氏

6 参加条件 
  ・一眼レフデジカメ、三脚をお持ちください。

7 申込方法・問い合わせ先
  ・9月19日(木)までに、住所、氏名、連絡先電話番号を下記までご連絡ください。
   Eメール、FAX、電話で受け付けています。
     福井県観光営業部文化振興課
     TEL:0776-20-0572 FAX:0776-20-0661
     Eメール:hyakkei@pref.fukui.lg.jp

8 その他
  ・原則として天候にかかわらず実施しますので、雨具等の準備をお願いします。
  ・撮影後は、「四季菜館 酔月」で写真の講評を行います。
  ・参加者が撮った写真は、後日「福井ふるさと百景」HPに掲載させていただきます。

【関連イベント】
9月14日(土)~10月14日(月・祝)の間、小浜市を中心に「みほとけの里 若狭の秘仏 特別公開」を実施します。合わせて、期間中の土・日・祝日には小浜市内の寺院・庭園・伝統的町並みでライトアップを実施します。
「みほとけの里 若狭の秘仏」
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/bunshin/wakasa-hibutsu-25.html

e0233343_11414643.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-08-21 11:19 | 福井ふるさと百景
e0233343_9463850.jpg

 古刹と仏像の宝庫 若狭おばまで、昨年秋、初めて実施し好評をいただいた「みほとけの里 若狭の秘仏」特別公開を、今年も次のとおり実施します。

公開期間:平成25年9月14日(土)~10月14日(月・祝)

公開箇所:小浜市、おおい町内の17か寺
  (主な公開箇所)
    明通寺(小浜市門前) 国宝三重塔内陣
    長慶院(小浜市堅海) 木造観音菩薩坐像
    長楽寺(おおい町大島) 木造阿弥陀如来坐像 など
   ※ 公開日、公開時間は、寺院によって異なりますので、こちらでご確認ください。

 昨年、33年に一度の御開帳を迎え、大変人気を集めた加茂神社為星寺の木造千手観音立像も、後開帳として9月15日、16日の2日間公開されます。また、おおい町大島半島の重要文化財の仏像群もバスツアーコースとして公開。必見です!

 さらに今年は、特別公開に合わせて、小浜市内の古刹・庭園・重伝建の町並みをライトアップを実施。
ライトアップされた寺院庭園を眺めながらのお茶会などもお楽しみいただけます。

 昨年、アテンダントや住職さんによる解説が大好評だった文化財めぐりバスツアー「若狭おばまの秘仏めぐり」も運行されます。JR小浜駅または道の駅若狭おばまからご乗車いただけます。バスツアー限定で公開される寺院もありますので、ぜひお早めにご予約ください。
 ツアーコースやお申込みはこちらでご確認ください。

 この秋は、みほとけの里 若狭で、心安らぐひとときをお過ごしください。

 「みほとけの里 若狭の秘仏」(福井県文化振興課HP)
 文化財めぐりバスツアー「若狭おばまの秘仏めぐり」(若狭おばま観光協会HP)
[PR]
by furusatoshinko | 2013-08-07 11:18 | 福井ふるさと百景
e0233343_14515159.jpg

 「福井ふるさと百景」のひとつ、南越前町の花はす公園においてプロのカメラマンを講師に招き、景観写真の撮影するコツを学びながら、ふるさとの景観に親しむ写真講座を開催します!

 夏の訪れとともに見ごろを迎える花ハス。早朝の花はす公園において、背景の山々に溶け込んだ、花ハスの心やすらぐ光景を撮影し、撮影後は写真の講評も行います。

1 日時 平成25年7月27日(土)6:00~9:00(受付開始5:45~)

2 集合場所 花はす公園(南越前町中小屋)

3 募集人数 30名 (定員になり次第募集を締め切らせていただきます。)

4 参加費 200円 (清掃協力金)

5 講師 公益社団法人 日本写真家協会(JPS)  三田村 康行 氏

6 参加条件 
  ・一眼レフデジカメまたはミラーレス一眼デジカメを持参してください。
  ・動きやすい服装でお越しください。

7 申込方法・問い合わせ先
  ・7月22日(月)までに、住所、氏名、連絡先電話番号を下記までご連絡ください。
   Eメール、FAX、電話で受け付けています。
     福井県観光営業部文化振興課
     TEL:0776-20-0572 FAX:0776-20-0661
     Eメール:hyakkei@pref.fukui.lg.jp

8 その他
  ・原則として天候にかかわらず実施しますので、雨具等の準備をお願いします。
  ・撮影後は、花はす公園内休憩所で写真の講評を行います。
  ・参加者が撮った写真は、後日「福井ふるさと百景」HPに掲載させていただきます。

e0233343_14344985.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-06-24 14:44 | 福井ふるさと百景
 カメラ女子に人気の写真家 寺下ユンさんを講師に招き、景観写真の撮影するコツを学びながら、ふるさとの景観に親しむ写真講座を開催します!

 講座では、一乗谷朝倉氏遺跡や東郷の町並みを散策しながら、撮影のポイントを学びます。

 一眼レフを初めて手にしたけれど、うまく使いこなせない、思い通りの写真が撮れない、といった悩みをお持ちの方には、絶好の機会です。ぜひご参加ください。

1 日時 平成25年7月21日(日)9:40~15:30頃

2 集合場所 JR越前東郷駅

3 募集人数 20名 (定員になり次第締切)

4 参加費 3300円 (受講料、昼食代、ガイド代など)

5 講師 寺下ユンさん(福井カメラ女子の会代表)

6 参加条件 女性限定・カメラ持参(コンパクトカメラ・一眼レフを問いません)

7 申込方法・問い合わせ先
  (公社)福井県観光連盟ツアー291(ふくい) 0776-23-3789
  http://www.fuku-e.com/230_tour/index.php?id=27

e0233343_1414628.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-06-24 14:03 | 福井ふるさと百景
 高浜町の旧丹後街道沿いの地区は、伝統的な町家建築が軒を連ねる趣のある町並みです。今夏、その旧丹後街道沿道地区をはじめとする旧高浜地区を挙げて、6年に一度の大祭「高浜七年祭」が繰り広げられます。

e0233343_13192946.jpg


 高浜七年祭は、高浜町宮崎の佐伎治神社の式年大祭で、巳年と亥年の7年目ごとに行われています。400年以上の歴史を持ち、旧高浜地区全域の氏子総がかりで7日間にわたって盛大に行われる若狭地方最大級のお祭りで、福井県の無形民俗文化財に指定されています。

 佐伎治神社の祭神が座した3基の神輿が巡幸し、太刀振、お田植、神楽、曳山、お囃子などの多彩な芸能が奉納されます。各氏子地区では、「まつり年」を迎えると、年明け早々から太刀振や大太鼓、屋台囃子など芸能の稽古を始め、町を挙げて着々と準備を進めます。そして祭りの7日間、町内をあげて大いに盛り上がります。

 今年の祭りは6月30日(日)から7月6日(土)までの7日間にわたって繰り広げられます。
地元ガイドの案内付のツアーなども用意されています。また、県立若狭歴史民俗資料館では、祭りの本番を前に、トピック展示や郷土史講座を実施します。

 400年以上の間、地元の人たちにより大切に受け継がれてきた祭りを、この機会にぜひ体感してみてください。

 高浜七年祭・高浜町文化観光WEBサイト

★祭り見学の前に高浜七年祭を学ぼう
e0233343_13131219.jpg

 福井県立若狭歴史民俗資料館のHPはこちら

★福井県内発着のバスツアー
e0233343_1313941.jpg

 福井県観光連盟のHP ふくいドットコムはこちら

★高浜町内集合解散の着地型ツアー
e0233343_13141727.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-05-28 13:18 | 福井ふるさと百景
福井ふるさと百景にも選ばれている「蓮如の里 吉崎」。

蓮如上人が浄土真宗の北陸における拠点として、文明3年(1471年)に吉崎の山上に吉崎御坊を建立し、布教に努めました。蓮如上人像が立つ、通称御山と呼ばれる吉崎御坊跡からは、日本海や湖に浮かぶ「鹿島の森」が望めます。

現在も、京都東本願寺から吉崎御坊まで門徒が徒歩で蓮如の御影(ごえい)の入った輿(こし)を運ぶ「蓮如上人御影道中(ごえいどうちゅう)」などの信仰に根ざした催事の風景が見られます。

e0233343_18195467.jpg


この「蓮如の里 吉崎」において、「Gobou(御坊)市」が開催されます!
写真は、昨年の様子ですが、たくさんのお店が出店し、大勢の人でにぎわいます。
e0233343_18273759.jpg

クラフトやアンティークのお店が軒を連ねるだけでなく、金沢舞踏館とウッドカンパニーによる路上パフォーマンスも開催されるようです。
満開の八重桜も見どころの一つ。
ゴールデンウィークの初めは、吉崎に訪れてみませんか?

e0233343_18274290.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-04-22 18:30 | 福井ふるさと百景
 鼻高面をかぶり、鉾を持って舞う「王の舞」が若狭路の各地の神社で舞われています。

 王の舞は、平安末期から鎌倉時代頃の奈良や京の祭礼をにぎわしていた芸能が、都とのつながりが深い若狭地域に伝わったものです。若狭ではそれぞれの地域の特色を保ちながら大切に受け継がれてきました。
 現在では16の神社の祭りで奉納されていますが、多くが春に舞われていることから、若狭地方の春の風物詩、ふるさとの風景として親しまれています。

e0233343_20492252.jpg


 若狭路の春を彩る「王の舞」、宇波西神社(若狭町気山)では4月8日、弥美神社(美浜町宮代)では5月1日に、そのほか各地の神社例祭で、4月上旬から5月中旬を中心に奉納されます。ぜひ訪れて、若狭の歴史を感じてみてください。

 くわしくはこちら 

e0233343_20485619.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2013-04-03 20:52 | 福井ふるさと百景