人気ブログランキング |

福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 現在、「みほとけの里 若狭の秘仏」秋の文化財特別公開が行われている小浜市は、古刹と仏像の宝庫として福井ふるさと百景の一つに選定されています。

 小浜市は古くから大陸の玄関口として栄えた地であり、今でも数多くの古刹や仏像が残され「海のある奈良」とも称されています。国宝の本堂や三重塔がある明通寺や、枯山水の庭園が見事な萬徳寺、美しいお姿で知られる十一面観音菩薩を本尊とする羽賀寺などの名刹には、年間を通じて多くの方が訪れています。

 さて、その小浜市内では特別公開のお寺以外でも、様々なおもてなしやイベントが行われているので、いくつかご紹介します。

 名刹・羽賀寺では中秋の名月にあたる9月30日、月見の茶会が催されます。

 また、常高寺、萬徳寺、明通寺では、10月28日までの間、お庭を愛でながらお抹茶をいただくことができるそうです。(常高寺と萬徳寺は毎日、明通寺は土・日・祝日のみ)

(萬徳寺 庭園)
e0233343_12143842.jpg


 さらに、10月13日には、明通寺の国宝本堂において「若狭おばま 海のシルクロード音楽祭」が開催されます。

 これらのイベントについての詳細は、若狭おばまてんはまフェスタ公式ホームページをご覧ください。

少しずつ深まっていく秋のひととき、歴史が息づく小浜の古刹を訪れてみませんか。
by furusatoshinko | 2012-09-28 12:15 | 福井ふるさと百景
4月に発刊してから、好評で一時品切れになった「福井ふるさと百景」ガイドブック。

再び、県内の週間ベストセラーを記録(紀伊国屋書店福井店調べ)しました!!!

9月23日(日)付けの福井新聞の記事です。
e0233343_15422366.jpg

e0233343_1622037.jpg

 「福井ふるさと百景」は、著名な観光地だけでなく、自然や文化、歴史、産業、食に至るまで、福井のさまざまな魅力を凝縮した1冊になってます。
 県内の人には、わがふるさとに誇りと愛着をもってもらい、県外の人には「にっぽんのふるさと」といえる福井の美しい風景を知ってもらうために、県が作成したものです。

 県内主要書店で好評販売中です。税込み1,000円。

 インターネットでも購入できます。詳しくはコチラ
 http://www.katsuki-books.jp
by furusatoshinko | 2012-09-24 16:23 | 福井ふるさと百景
 古刹と仏像の宝庫・若狭で、いよいよ9月15日から、秋の文化財特別公開「みほとけの里 若狭の秘仏」がはじまりました。管理人もさっそく拝観してきましたのでレポートしますね。

 9月15日から17日の3連休中は、33年ぶりの本開帳を迎えた為星寺のほか小浜市内寺院や県立若狭歴史民俗資料館に、県内外から多くの皆さんがおみえになりました。

 e0233343_1245022.jpg
 為星寺では、多くの参拝者に見守られる中、静かに姿を現した千手観音立像に皆さん熱心に手を合わせておられました。また、参道や境内では地元の方々が参拝者を笑顔でもてなしてくださいました。 33年ぶりの法要は17日までで終了しましたが、9月30日(日)、10月6日(土)、10月7日(日)の秘仏めぐりバスツアーで特別に公開されますので、この機会をお見逃しなく。(お問合せ:ミフクツーリスト 0770-53-0329)


 飯盛寺では、奥深い山の中、茅葺の大きな本堂が出迎えてくれます。幽玄な雰囲気の中で御本尊の薬師如来坐像と脇侍の千手観音立像を、心静かに拝観することができます。

 正法寺では、理知的な表情の如意輪観音半跏像が拝観できます。住職さんが年齢を感じさせない語り口で、観音像が海中から拾い上げられたという平安時代の縁起物語をお話ししてくださいます。

e0233343_12592131.jpg 竜前区薬師堂は、国道27号線から県道35号線を神宮寺方面に向かって1キロほど進むと、右手に青銅製の梵鐘がありますので右に入ってください。集落奥に見えてくる小さな庵が蓮華寺、その北側に薬師堂があり、地元の保存会の方が笑顔で出迎えてくれます。(右の写真は蓮華寺外観)
 かつては若狭彦神社の本地仏でしたが、神仏分離の際に竜前に移され、以来、地区の方々に大切に守られてきた薬師如来立像を拝観できます。

(飯盛寺 本堂)
e0233343_1361313.jpg

(正法寺 銅造 如意輪観音半跏像)
e0233343_1371918.jpg

(竜前区薬師堂 銅造 薬師如来立像)
e0233343_137288.jpg


 飯盛寺、正法寺、竜前区薬師堂は、10月14日までの毎土・日・祝日に公開されていますので、どうぞお立ち寄りください。(寺院の法要行事等の都合により、拝観できない場合もありますのでご了承ください。)

 県立若狭歴史民俗資料館でも、木造十一面観音菩薩立像(小浜市 長福寺)と木造聖観音立像(美浜町 青蓮寺)を毎日公開中です。(9月21日と10月22日は休館日。)

 そのほかにも、通常は公開されていない仏像等が特別公開されている、「みほとけの里 若狭の秘仏」は10月下旬までの原則土・日・祝日(一部を除く。)に実施中です。公開箇所と各箇所の公開日程は、県文化振興課ホームページでご確認ください。秋の若狭路、心安らぐ仏さまにぜひ会いに来てください。
by furusatoshinko | 2012-09-19 13:19 | 福井ふるさと百景
 永平寺町では、永平寺本山や永平寺川周辺のエリアを中心に、福井県立大学と共同して、連携と協同による景観まちづくり実践の取組みを進めています。
 そのキックオフイベントとして、『暮らしの景観をまもり育てる』をテーマとする基調講演と、『地域のまちづくり資源(お宝)と魅力』についてシンポジウムを開催します。

 日時:平成24年10月13日(土) 午後2時30分~5時
 場所:永平寺町ふれあいセンター(吉田郡永平寺町山10−1)

 講師は、大阪大学の小浦久子准教授。
 「福井ふるさと百景」の選定委員であり、現在、県都デザイン懇話会の委員も務めていただいてます。
 身近な景観について考える貴重な機会です。皆さん、ぜひご参加ください!

e0233343_2002748.jpg

 
by furusatoshinko | 2012-09-18 20:07 | 景観づくり活動
 福井県立若狭歴史民俗資料館では、明治末から大正・昭和の若狭を記録した井田家所蔵写真を紹介する特別展が開催されます。
 長年写真館を営んでいた井田家が所蔵する4000点近くの写真の内、約310点を前期と後期にわけて紹介。前期展では若狭の風景や町並を中心に、後期展では祭りや寺社・史跡などを中心に大型写真パネルで展示します。

 会期 (前期)平成24年9月22日(土)~10月21日(日)
     (後期)平成24年10月27日(土)~11月25日(日)

 開館時間 午前9時から午後5時まで

 観覧料 一般400円、高校・大学生300円、小中学生200円

 詳細はコチラ

 また、この特別展に併せて、エントランスホールにて「福井ふるさと百景」のパネル展を開催します。小浜にお立ち寄りの際は、ぜひお越しください!

e0233343_19204288.jpg

by furusatoshinko | 2012-09-18 19:22 | 福井ふるさと百景
 福井の歴史・文化、自然の豊かさなどの魅力を集めた「福井ふるさと百景」。
県内全市町を巡回するパネル展を開催しています。

9月の予定は次のとおりです。
・9月6日~18日  冠荘 (今立郡池田町志津原14-17)

10月の予定は次のとおりです。
・10月1日~11日  アイアイ鯖江・健康福祉センター(鯖江市水落町2丁目30番1号)

近くにお住まいの方は、この機会にぜひお越しください!

e0233343_1854711.jpg

by furusatoshinko | 2012-09-06 18:07 | 福井ふるさと百景
 福井県では、「福井ふるさと百景」の選定地において、景観の保全・活用に積極的に取り組む団体を「福井ふるさと百景活動団体」として認定し、団体が行う景観づくり活動を支援しています。

 昨年度認定した団体の一つ、小浜市の「たがらす我袖倶楽部」によって、田烏(たがらす)の美しい棚田をPRするため、昔ながらのはさがけ風景を再現するイベントが開催されます。

場所 小浜市田烏10号
期日 平成24年9月9日(日)
時間 9:00~13:00

e0233343_1651482.jpg
 

 田烏地区の子ども会と当団体が、刈り取った稲をはさ木にかける作業を行います。
 また、当団体では、「田烏の棚田と自然」をテーマにしたフォトコンテストの写真を募集しています。詳しくは、下記チラシをご覧ください。

 ふるさとの原風景と言える、棚田のはさがけ。懐かしさを感じに、田烏に訪れてみませんか?

e0233343_1631340.jpg

by furusatoshinko | 2012-09-03 16:07 | 景観づくり活動