福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10月27日、福井県産業会館で開催された住まいの情報展の表彰式のコーナーにおいて第3回「伝統的民家のある風景」写真コンクールの表彰式が行われました!
応募84点から大賞1点、特選2点、入選5点、佳作10点の計18点が選ばれ、受賞者に賞状、賞金が主催である(社)福井県建築士会の奥居会長から手渡されました。

今回の第3回を持ってコンクールは終了しますが、今後第1回から第3回の入賞作品を中心に巡回展示を行う予定です。展示の日時等が決まりましたらホームページ等でお知らせしますので、福井県各地に残る伝統的民家のある風景を絶妙に切り取った素晴らしい写真の数々を見に来てください!!

(表彰式の様子)
e0233343_1471318.jpg


(大賞作品)
e0233343_14282127.jpg


(特選作品)
e0233343_202376.jpg
e0233343_2024797.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-29 14:32 | 伝統的民家の保存・活用
平成23年12月に伝統的民家群保存活用推進地区に指定された「大野市七間通り地区」の活動を紹介させていただきます。

平成24年3月の朝市の開幕に合わせ、花植えプランターを並べる活動をされましたが、今年度の活動として、10月27日、28日に開催された三大朝市物産まつりに合わせ、木製プランターを増やして新たに秋の花を植えられました。朝市や昔ながらの町家が連なる街並み景観に彩りを添えていますので、七間通りを訪れた際に注目していただけたらと思います!

e0233343_113231100.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-29 11:36 | 伝民推進地区での活動
 「福井ふるさと百景」のひとつ、一乗谷朝倉氏遺跡においてプロのカメラマンを講師に招き、景観写真の撮影するコツを学びながら、ふるさとの景観に親しむ写真講座を開催します!

 講座では、復原町並や唐門、新たな魅力スポットである「物見台」などの遺跡内の名所をまわりながら、撮影のポイントを学びます。

 一眼レフを初めて手にしたけれど、うまく使いこなせない、思い通りの写真が撮れない、といった悩みをお持ちの方には、絶好の機会です。ぜひご参加ください。

1 日時 平成24年11月23日(金・勤労感謝の日)13:30~16:30(受付開始13:00~)

2 集合場所 一乗谷朝倉氏遺跡 復原町並駐車場

3 募集人数 30名 (定員になり次第募集を締め切らせていただきます。)

4 参加費 500円 (復原町並入場料、飲み物代を含みます。)

5 講師 公益社団法人 日本写真家協会(JPS)  三田村 康行 氏

6 参加条件 
  ・一眼レフデジカメまたはミラーレス一眼デジカメを持参してください。
  ・動きやすい服装でお越しください。

7 申込方法・問い合わせ先
  ・11月20日(火)までに、住所、氏名、連絡先電話番号を下記までご連絡ください。
   FAXまたはEメール、電話で受け付けています。
     福井県観光営業部文化振興課
     TEL:0776-20-0572 FAX:0776-20-0661
     Eメール:hyakkei@pref.fukui.lg.jp

8 その他
  ・原則として天候にかかわらず実施しますので、雨具等の準備をお願いします。
  ・撮影後は、一乗谷朝倉氏遺跡資料館で写真の講評を行います。
  ・参加者が撮った写真は、後日「福井ふるさと百景」HPに掲載させていただきます。

9 主催 福井県・(社)朝倉氏遺跡保存協会

e0233343_15251623.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-23 15:48 | 福井ふるさと百景
永平寺町では、永平寺本山や永平寺川周辺のエリアを中心に、福井県立大学と共同して、連携と協同による景観まちづくり実践の取組みを進めています。
 第2回ワークショップとして、地域の景観資源を発掘するまち歩きが行われます。

 日時:平成24年10月27日(土) 午後1時15分~(受付開始12時45分~)
 場所:永平寺町役場永平寺支所2階大研修室

普段、車で通りすぎているわが町や地域について、自身の足で探索し、日常の暮らしの場の生活景の魅力を再発見するワークショップです。

身近な景観について考える貴重な機会です。皆さん、ぜひご参加ください!

e0233343_19105195.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-22 19:36 | 景観セミナー
福井の歴史・文化、自然の豊かさなどの魅力を集めた「福井ふるさと百景」。
県内全市町を巡回するパネル展を開催しています。

今月の予定は次のとおりです。
・10月16日~25日  越前市中央図書館 (越前市高瀬ニ丁目7-24)
・10月29日~11月8日  越前コミュニティセンター (丹生郡越前町道口1-24-1)

近くにお住まいの方は、この機会にぜひお越しください!

e0233343_18532472.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-22 18:54 | 福井ふるさと百景
昨日のブログにて紹介した「戦国あさくら市」。
このイベントの参加を通して、その魅力をブログ等で発信していただける方を募集中です!

募集定員 5名

応募資格 次の①、②のどちらにも該当する方を対象としています。
①歴史や文化財に関心があり、各種ブログサイトに記事を掲載したり、ツイッターでのつぶやきや自身のフェイスブックに投稿して情報を発信している満18歳以上の方(ただし高校生は除く)。なお、全国に発信する方法(ブログ、ツイッター、フェイスブック)については、いずれかのみでもかまいません。
②平成24年11月4日(日)に実施する「戦国あさくら市」に参加できる方。

応募締切 平成24年10月26日(金)15:00まで

参加特典は、かなり魅力的です!

・昼食(地元伝承料理「朝倉膳」)やあさくら市のチケットがもらえます。
・交通費および宿泊代 1万円(上限)助成します。
・さらに、3000円相当の「ふくいブランド」をプレゼントします。

応募方法など、詳しくはこちらまでお問い合わせください。

・一乗谷朝倉氏遺跡保存活用推進協議会(福井県観光営業部文化振興課内)
 TEL 0776-20-0580
・(社)朝倉氏遺跡保存協会
 TEL 0776-41-2330

e0233343_18183275.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-18 18:19
一乗谷朝倉氏遺跡の「復原町並」において、中世の市場を再現した「戦国あさくら市」が11月3日、4日に開催されます。
中世福井の歴史・華やかな朝倉文化と長い歴史の中で現代の生活様式や嗜好にあわせて進化する伝統工芸品、自慢の「食」などの「ふくいブランド」の販売と体験もりだくさんです!
地域限定朝倉米で作った「戦国おにぎり弁当」や越前おろしそば、ほっくほくの「富津金時焼き芋」などの販売や戦国シシ鍋の振る舞い(限定300食)もあります。

日時 平成24年11月3日(祝土)、4日(日)
会場 特別史跡一乗谷朝倉氏遺跡 復原町並(福井市城戸ノ内町28-37)
時間 開店10:00  閉店15:30
料金 チケット 1000円(市場での1000円の買い物に使用できる券に復原町並入場券が付いています)
販売先 一乗谷朝倉氏遺跡活用推進協議会(観光営業部文化振興課)【電話】0776・20・0580
       そのほか、朝倉氏遺跡保存協会 【電話】0776・41・2330
       福井県観光連盟 【電話】0776・23・3677 でも販売しています。※当日券あり。

スタッフが、当時の町人や武士、町娘を思わせる衣装に身を包んで、販売します。戦国時代の活気ある市場の雰囲気を体感してみませんか?

e0233343_1753373.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-17 17:12
「中心市街地活性化に向けて~いま、取り組むべきことは~」をテーマに、福井市でまちづくりフォーラムが開催されます。

北陸新幹線の着工や西口再開発など、福井市の中心市街地は大きな変化のときを迎えています。そうした変化を捉え、まちを次世代により良い形で引き継いでいくため、今取り組んでいくべき課題について、皆さんで考えてみませんか?


日時 平成24年11月18日(日)13:30~16:30
会場 響のホール(福井市中央1丁目4-13)
定員 120名
内容 
 ・基調講演 「まちの再生 ~ライフスタイルのブランド化による地域活性化~」
  講師:西郷真理子氏 (都市計画家)
 ・施策紹介 「中心市街地の全国的な動きについて」
  講師:横山典弘 氏 (内閣官房地域活性化統合事務局次長)
 ・パネルディスカッション「出会う・暮らす・遊ぶ まちなか」
  パネリスト:西郷真理子氏、開発毅氏、松浦麻衣氏、越知健吾氏

詳細は、福井市のホームページをご覧ください。コチラ

e0233343_16361674.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-17 16:39
 9月中旬から若狭地域で展開されている「みほとけの里 若狭の秘仏」も、まもなく終了します。

 今年の特別公開の最後に、12年に一度の御開帳を迎える意足寺(おおい町万願寺)の木造 千手観音立像をご紹介します。

 意足寺の千手観音像は平安時代後期の制作とされる11面42臂の像です。この仏像には不思議ないわれがあります。昭和28年の台風で寺背後の山が崩れ、この観音像も本堂と一緒に土砂に流されてしまいました。しかし、地元の人たちが捜索したところ、桧一材で彫られていたお顔や胴部、合掌手はほぼそのままに、脇手などの部分もほとんど同じ場所で発見され、元の姿に修復することができたということです。

 意足寺の木造 千手観音立像は、10月17日(水)から10月23日(火)の間、毎日午前9時から午後4時まで公開されます。期間中、20日(土)午前10時から讃仰法要が行われるほか、19日(金)から21日(日)の3日間、池坊ミニ花展も開催されるそうです。

 災難に遭いながらも、地元の人たちの深い信仰心で護られてきた観音様に、ぜひ会いに来てください。

e0233343_1916620.jpg

 なお、「みほとけの里 若狭の秘仏 平成24年度秋の文化財特別公開」の今週末以降の公開予定は次のとおりです。まだおいでになられていない方、この機会にぜひ若狭においでください。

 10月13日(土)
  正法寺(小浜市大原) 銅造 如意輪観音半跏像
  栖雲寺(小浜市大原) 木造 阿弥陀如来坐像
  飯盛寺(小浜市飯盛) 木造 薬師如来坐像
  竜前区薬師堂(小浜市竜前) 銅造 薬師如来立像
  
 10月14日(日)
  正法寺(小浜市大原) 銅造 如意輪観音半跏像
  飯盛寺(小浜市飯盛) 木造 薬師如来坐像
  竜前区薬師堂(小浜市竜前) 銅造 薬師如来立像

 10月17日(水)~10月23日(火)
  意足寺(おおい町万願寺) 木造 千手観音立像

 また、県立若狭歴史民俗資料館(小浜市遠敷)では、次の仏像の特別公開を行っています。
   木造 十一面観音菩薩立像(小浜市 長福寺)
   木造 聖観音立像(美浜町 青蓮寺)
   (開館時間 9:00~17:00 期間中の休館日 10月22日(月))
[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-11 19:24 | 福井ふるさと百景
福井県では、ふるさとの象徴として保存継承していく価値があると認められる歴史的建造物を保存しまちづくりなどに活用するために行う外観や構造的な改修に対して支援しています。

今年度、支援の対象としていた「加茂神社舞堂(おおい町名田庄納田終、建築年代:江戸中期~後期頃)」の改修が完了し、加茂神社秋の大祭(平成24年9月30日)において神楽奉納が真新しい舞堂で行われました。

若狭地方には拝殿として舞堂がある神社が多いようですが、茅葺きの舞堂は珍しいですので、近くにある「薬師堂(県指定有形文化財)」と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか!

e0233343_1733842.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-10-03 17:13 | 福井ふるさと百景