福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

優れた景観に貢献している屋外広告物を表彰する、県の「ふるさと福井景観広告賞」。
本年度で3回目となる広告賞の表彰式が11月21日に行われました。

 周辺景観にうまく調和しながらも、看板本来の役割であるメッセージを伝える機能が優れているものや、これから新たに広告物を設置する際、建物や周辺景観との調和を考える上で良い参考となるもの、そして、広告物を群として統一的に整備し、良好な景観形成を通じて地域のまちづくりに貢献しているものが高く評価されました。

 受賞した作品の一部を紹介。
e0233343_19595114.jpg

 「大門屋」。大野市の七間通りにある呉服店。町並みの風情にうまくとけ込みながらも、歩行者の目を楽しませてくれるデザインです。
e0233343_200413.jpg

 小浜市小浜住吉・小浜酒井地区の広告群。300年以上続く伝統的な祭り「放生祭」の出し物が通るこの通りにふさわしく、町並みと一体感がある広告物です。
e0233343_2001236.jpg

「アンシャンテタナカ」。越前市のタンス町にある住宅兼ショールーム。伝統ある民家の軒下にあり、ふとすると見過ごしてしまいそうなさりげない看板は、歴史ある街並みにおいて趣があります。

 その他の受賞作品など、くわしくはコチラのホームページをご覧ください。(福井県都市計画課HP)
[PR]
by furusatoshinko | 2012-11-27 20:11 | 景観づくり活動
 11月23日、一乗谷朝倉氏遺跡においてプロのカメラマンを講師に招き、景観写真の撮影するコツを学びながら、ふるさとの景観に親しむ「福井ふるさと百景写真講座」を開催しました!

 講師は、日本写真家協会(JPS)の三田村康行氏。
 復原町並や唐門、新たな魅力スポットである「物見台」などの遺跡内の名所をまわりながら、撮影のポイントを学びました。

e0233343_1921021.jpg

 遺跡保存協会の方にモデルになっていただきました。
 ご協力ありがとうございます。
e0233343_1955637.jpg

 標識や電柱、柵などの人工物をうまく隠して撮るのがポイントだそうです。
 標識が入らないように、復原町並からの紅葉をパチリ↓
e0233343_1920394.jpg

 また、天気が悪いときは、空が入らないように撮るものも大事だそうです。空を映さず、紅葉と復原町並を撮ってみました!
e0233343_1919456.jpg


 皆さんの身近にある景色も、写真におさめてみませんか?

 「福井ふるさと百景」ホームページでは、皆さんから投稿いただいた写真を掲載しています。
 お気に入りの景観や、感動を伝えたい写真を投稿してみてください。
 くわしくはコチラ(福井ふるさと百景投稿ページ)
http://info.pref.fukui.lg.jp/hyakkei/010_view/list_photo_collection.html
[PR]
by furusatoshinko | 2012-11-27 19:34 | 福井ふるさと百景
福井の歴史・文化、自然の豊かさなどの魅力を集めた「福井ふるさと百景」。
県内全市町を巡回するパネル展を開催しています。

12月の予定は次のとおりです。
・11月26日~12月6日  美浜町役場1階 町民プラザ (美浜町郷市25-25)
・12月12日~12月20日(18日休館) パレア若狭 (若狭町市場18-18)

近くにお住まいの方は、この機会にぜひお越しください!

(写真は、南条文化会館でのパネル展の様子)
e0233343_10112066.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2012-11-27 10:15 | 福井ふるさと百景
 福井県が整備した、「一乗谷朝倉氏遺跡中の御殿展望所 物見台」が福井市景観賞を受賞しました!
物見台から見る絶景はこちら↓↓↓
e0233343_17301331.jpg


 「福井市景観賞」は、福井市の優れた街並みや風景、またそのような景観を守り・育んでいる活動などを表彰する制度。
 福井市景観賞選考委員会で審査の結果、3件の部門賞と2件の奨励賞が選ばれ、物見台は「風景部門」の部門賞を受賞しました!

選考委員である、仁愛短期大学の西畑敏秀教授が以下のとおり講評しています。

---

 ここにたたずんで広がる風景を見渡したとき、誰もが過去の知らない時代の繁栄に想いをはせるのではないだろうか。
 この物見台は、朝倉館跡や復原町並など遺跡中央部を中心に、壮大なパノラマが広がることによって、これまで見ることができなかった戦国城下町の景色を一望することができる。
 電柱や電線等の人工物がほとんど視界には入らず、自然のままでありながら、人の手や知恵が細部に込められた一乗谷地区全体の景観を保全・継承していくこのうえなくよい事例である。

---

 11月18日(日)に開催されたまちづくりフォーラム2012において、表彰式が行われました。
e0233343_1748345.jpg

 整備者である、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館の吉岡泰英館長が、福井市長から表彰状を受け取りました。

e0233343_17492543.jpg

その他の表彰作品はコチラをご覧ください(福井市ホームページ)
http://www.city.fukui.lg.jp/d360/compact/keikan/keikanshou/index.html
[PR]
by furusatoshinko | 2012-11-22 17:53 | 福井ふるさと百景
 福井県では、多様で豊かな自然、歴史や伝統に培われた町並みや農村風景など、福井県の美しい景観をより広く発信するため、11月17日に開館するブータンミュージアム(福井市大手3-15-12)において、「福井ふるさと百景」タペストリーを展示します!

 ブータンミュージアムは、NPO法人「幸福の国」(野坂弦司理事長)が、国民総幸福量(GNH)の向上を国の基本理念とするブータン王国と「47都道府県の幸福度に関する研究成果」(法政大学大学院坂本光司教授研究室)の中で日本一幸福とされている本県との共通点に注目し、ブータン王国と福井県の素晴らしさを発信するために開設するものです。

 福井とブータンの景観を比較しながら、本県の豊かな自然、歴史や伝統を県民の皆さんに再認識していただくとともに、県内外、さらには国外への発信を図っていきます。
   
写真は、ブータンの棚田風景と、高浜町の日引の棚田の写真です。

e0233343_1573464.jpg


こちらは、ブータンのゾンと呼ばれる行政と寺が一体になった建物と、小浜の明通寺の写真です。

e0233343_1572664.jpg


幸福の国ブータンを知ることで、ふるさと福井の良さを実感してみませんか?

※ブータンミュージアムに関する問い合わせ先は・・・  
  NPO法人幸福の国 TEL:0776-22-0011
[PR]
by furusatoshinko | 2012-11-16 15:17 | 福井ふるさと百景