福井ふるさと百景など景観に関する情報交換の場です(福井県文化振興課)


by furusatoshinko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 福井県では、ふるさとの美しい景観を地域の力で守り育てていく仕組みづくりを推進するため、平成23年度から「福井ふるさと百景活動団体」を認定し、団体が行う景観の保全・活用に向けた活動を支援しています。

 今回、新たに以下の10団体を「福井ふるさと百景活動団体」に認定しました!
 これで、認定団体は31団体となります。

①「小原ECOプロジェクト」 (代表 國吉一實氏)
②「ラピュタの会」 (会長 川端嘉明氏)
③「荒島愛山会」 (会長 高松誠氏)
④「ふくい笏谷石の会」 (会長 横山輝氏)
⑤「東郷ふるさとおこし協議会」 (会長 平本秀信氏)
⑥「上岬地区をよくする会」 (会長 桝谷桝一氏)
⑦「神山地区自治振興会」 (会長 川上春男氏)
⑧「敦賀市疋田地区」 (会長 長谷川進氏)
⑨「早瀬景観保全活動協議会 (会長 北村晋氏)
⑩「竹竹クラブ」 (会長 永野千太郎氏)

平成27年2月12日、新たに認定した団体に対し、知事から認定書の交付がありました。
e0233343_18184838.jpg

e0233343_1819289.jpg


今後、認定した団体に対して、景観づくりの活動経費を補助していきます(1団体あたり20万円までで、最大2ヵ年)。

団体の詳しい活動内容や、これまでに認定した団体についてはコチラのHPをご覧ください。
http://info.pref.fukui.lg.jp/hyakkei/050_activity/activity.html
[PR]
by furusatoshinko | 2015-02-13 18:28 | 景観づくり活動
平成27年2月12日、伝統的民家群保存活用推進地区を新たに6地区指定しました。
これで伝統的民家群保存活用推進地区は24地区になりました。

今回指定されたのは、以下の6地区です。

・鯖江市中戸口(なかとのくち)地区
 水谷山の西南山麓に位置し、伝統的民家が数多く残る北中山地区の中でも特に重厚な伝統的民家が集積しており、山林や田圃の他、朝倉氏に関係する馬道や、集落内に湧き出るお清水等により形成される福井らしい農村集落景観が残る地区。 
e0233343_137576.jpg


・坂井市竹田地区
 竹田川上流域に位置し、丈競山や火燈山に囲まれた自然豊かな地区であり、明治期に上竹田、山口、吉谷、山竹田全体で竹田村となった。国の重要文化財に指定されている坪内家住宅や加賀の赤瓦の文化の影響を受けた住宅による独特な集落景観が形成されている地区。
e0233343_13135172.jpg


・永平寺町栃原地区
 浄法寺山地と九頭竜川に囲まれた栃原では、縄文期の土器等が出土する等、早くから人類が居住していたことが分かっている。農家型の伝統的民家が多く残り、福井らしい農村風景が残る地区。
e0233343_13285924.jpg


・越前町江波地区
 大昔、沼地であった江波は、継体天皇が上戸のちょうし口を開いて沼の水を排出したことで今日の耕地になったとされ、集落内を流れる川は天皇が開いたので、天王川と名付けられたと伝えられている。地区内には、漆喰の白壁と屋根を支える構造材が縦横に美しい伝統的民家が数多く連なり、美しい農村風景を形成している。
e0233343_13353366.jpg


・美浜町佐柿地区
 戦国時代に国吉城の城下町として町割りされたところで、地区の中を南北に走る旧丹後街道もこの時整備されている。地区内を曲折す街道の面影は現在も残っており、伝統的民家とともに歴史的町並みを残している。
e0233343_1358563.jpg


・おおい町名田庄納田終地区
 陰陽道宗家の土御門家ゆかりの地であり、多くの史跡や社寺が点在し、祭祀、慣習等の民俗行事は多彩である。文化財も豊富で、薬師堂、賀茂神社本殿をはじめ、陰陽道関連の遺跡や茅葺き屋根の伝統的民家などによる文化的景観が残されている。
e0233343_145150.jpg

[PR]
by furusatoshinko | 2015-02-12 12:00 | 伝民推進地区での活動